JACDS(日本チューンドラッグストア協会)

  • Facebook
  • Twitter

第18回  ジャパンドラッグストアショー2018 2018年3月16日(金)・17日(土)・18日(日)

プレビュー開催・特別企画セミナーについて

ドラッグストアショープレビュー開催

テーマブース2018 成長するドラッグストア!

社会・地域に適応しながら進化成長していくドラッグストア業界が、10兆円産業化を目指し、ドラッグストア業界を大きく変える業界支援事業として、「コンシェルジュマスター」「ながら筋トレ体操」「電子タグ(RFID)」。市場を創造する「食と健康」。「街の健康ハブステーション構想」や、ドラッグストア業界が実施する「地域高齢者支援」提案等の概要について紹介。また、JACDS委員会活動及び研究推進活動についてもパネル等を展示して多角的に紹介します。

  • 街の情報ハブステーション構想
    新しい社会的役割・機能を持ち、社会と生活者が求める「街の健康ハブステーション構想」。
    実現に向けた4つのステップと効果的な進め方を紹介します。
  • ドラッグストア業界を変える業界支援事業
    生活者の健康プラットホーム機能実現。「コンシェルジュマスター制度」「ながら筋トレ体操」 の実施概要やレジの簡素化、棚卸、期限管理等が体験できる「電子タグ(RFID)」等について紹介します。
  • ドラッグストア業界が実施する地域高齢者支援
    「過疎・高齢地域」「災害地域」へのモバイルファーマシーの紹介や、在宅介護高齢者の排泄問題を解決する「介護排泄支援ロボット」等、高齢者生活提案を紹介します。
  • 市場を拡大する「食と健康」
    ドラッグストア自ら創り出す新しいカテゴリーの育成方法や新しい商品分類紹介。食と健康をテーマとした実証実験の結果概要を報告します。

「特別企画セミナー」の開催

業務に役立つ制度改正対応のポイント

医薬品を巡る制度改正が目白押し。どれもが企業コンプライアンス上、必見のセミナー。“知らない”では済まされない時代です。

次の内容をご確認の上、ぜひご参加を!

偽造医薬品の流通防止に関する業務対応(手順書の書き方含む)のポイントは何か?
今年から義務化された登録販売者研修報告はいつまでに、何を、どこに報告するか?
医薬品等適正広告基準改正のポイントは何で、店頭でどう活用できるか?
平成26年度以前の登販合格者、平成32年4月以降の管理者対応は万全か?
主催:日本チェーンドラッグストア協会・ドラッグストアMD研究会

2018年3月15日(木) 13:30~15:00(90分)
会場:4ホール特別セミナー会場
定員:150名

事前登録

特別企画セミナーへの参加はホームページから事前登録ができます。(当日受付もあり)

日程/会場

日時 2018年3月15日(木) 13:30~18:00
※展示会開催時間は14:00からとなります。
会場 4ホール特別セミナー会場
定員 100名

プレビュー開催 出展社一覧

プレビュー開催の出展者一覧です。
※出展企業および、出展ゾーンが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

詳細はこちら
go top